大坂なおみや錦織圭など日本を代表するトップ選手のスーパープレー動画も随時更新!WOWOW TENNIS ONLINE

棄権した理由

2021.06.09

◆Twitter訳

「皆さん、聞いてください。数日前に投稿した時、こうした状況になるとは思いもよりませんでしたし、私が意図したものではありません。思うに今、全仏オープンや出場している他の選手のために最善なことは、私が棄権をすること。そうすれば、パリでまたテニスに集中することができることと思います。騒動を起こすつもりはまったくありませんでしたし、タイミングも最善ではなく、私のメッセージはもっと明確に伝えるべきだったと思っています。また何より、私はメンタルヘルスを軽んじたり、無分別に利用するつもりは毛頭ありません。というのも実は、私は2018年の全米オープン以来、長らく何度もうつ状態に苦しんできて、ずっとその対処にひどく悩まされてきたからです。私を知る人は、私が内向的な人間であることを皆さん知っていて、大会で私を見る人は皆さん、私がよくヘッドフォンをしているのを気づいたと思いますが、あれは人前での不安や恐怖を和らげてくれるためにしているものです。テニスのメディア関係者の皆さんはいつも私に優しくしてくれました(改めて、私の発言で気分を害したかもしれないすべての素晴らしい記者の皆さんにお詫び申し上げます)。私は元々、人前で話すことが得意ではなく、世界中のメディアに話す前は、とてつもなく大きな不安の波に襲われていました。ひどく不安になってしまい、いつも会見でできるだけベストな応対をしようと考えて、緊張していました。
そういった事情から、ここパリでも私はすでに、もろく不安な状態だったため、セルフケアをして、記者会見を欠席するのが良いと考えたのです。前もって公表をしたのは、規則には所々でとても時代遅れに感じるところがあったため、そうしたところに注目してもらいたかったからです。大会運営側には私から非公式で謝罪の文面をお送りしていて、また大会後に喜んで話し合いをしたいとお伝えしているのですが、先方も同じように感じてくださっています。今はコートから離れて、いくらかお休みを取るつもりですが、落ち着いたらぜひとも大会側と一緒に、選手、メディア、ファンの皆さんにとってより良い方法を話し合いたいと思います。皆さんいつもお元気で、安全にお過ごしください。みんなのことが大好きです。また会える時に会いましょう(愛を込めて)」

SPECIAL ARCHIVE

2021年6月(4)
2021年5月(11)
2021年4月(11)
2021年3月(13)
2021年2月(15)
2021年1月(11)
2020年12月(9)
2020年11月(13)
2020年10月(14)
2020年9月(14)
2020年8月(14)
2020年7月(8)
2020年6月(6)
2020年5月(17)
2020年4月(13)
2020年3月(14)
2020年2月(8)
2020年1月(17)
2019年12月(13)
2019年11月(11)
2019年10月(20)
2019年9月(15)
2019年8月(16)
2019年7月(10)
2019年6月(8)
2019年5月(17)
2019年4月(26)
2019年3月(23)
2019年2月(20)
2019年1月(19)
2018年12月(14)
2018年11月(10)
2018年10月(20)
2018年9月(23)
2018年8月(9)
2018年7月(22)
2018年6月(9)
2018年5月(19)
2018年4月(16)
2018年3月(22)
2018年2月(11)
2018年1月(26)
2017年12月(15)
2017年11月(11)
2017年10月(14)
2017年9月(14)
2017年8月(14)
2017年7月(11)
2017年6月(11)
2017年5月(21)
2017年4月(24)
2017年3月(22)
2017年2月(15)
2017年1月(14)
  • 日清食品
  • Nike
  • ANA
  • BODYARMOR
  • HYPERICE
  • mastercard
  • MELCO
  • MORINAGA
  • NISSAN
  • YONEX
  • WOWOW